うがい薬でコロナ減少!?真偽は?ポビドンヨードってなに?

2020年8月頭に大阪府知事が記者会見にて気になる発言をされていました。

“コロナに関する嘘みたいな話”

誰もが「今」一番気になり危惧している新型コロナウイルス。

特効薬やワクチンが未だに見つかっていない今、新型コロナウイルスを抑制できる可能性がある、嘘みたいな話って…?

なにかと話題の大阪府知事がいう、研究の結果、コロナ対策として効果が期待できると発表したその名もポビドンヨード。

あまり聞き慣れない「ポビドンヨード」とはいったいなんでしょう?

どのような効果があるのでしょう?

ポビドンヨードとは、うがい薬の成分

聞き慣れないポビドンヨードという言葉ですが、使われているものは「うがい薬」。

私たちにもとても馴染みのあるものです。

「イソジンのうがい薬」「明治うがい薬」

乾燥する冬にはCMなどでも良く耳にしませんか?

家庭でのうがいや傷口の消毒などに用いられ、人体や環境に優しい殺菌消毒剤として使用されています。

うがい薬で新型コロナを撃退できる?

今回の研究結果では、

ポビドンヨードを新型コロナウイルス陽性患者がうがい薬として使用したところ、陽性率の減少が認められたということです。

大阪府知事は”コロナ対策”として、ポビドンヨードを用いたうがいを推奨していました。

特効薬ではありません。しかし、重症化を防げるかもしれない、予防になるかもしれない、その可能性が少しでもあるなら誰もが試してみたいところですよね。

まだ研究中!特に妊婦さんはちょっと待って!

ポビドンヨードには多くのヨウ素が含まれています。

ヨウ素過敏症になるとお腹の赤ちゃんの甲状腺機能の低下につながることがあります。

今回発表された新型コロナウイルス対策としてのポビドンヨードうがいについての真偽、探究はまだまだこれからです。

甲状腺疾患をお持ちの方、妊娠、授乳中の方は使用を控えるようにしていただきちいと思います。

マスク同様に危惧される うがい薬の買い占め

テレビで報道されて束の間、すでに売り切れが始まっているとのニュースが…

春先に新型コロナウイルスが少しずつ広まりはじめた時、マスクが品薄になり、手に入らなくなり、転売が横行して価格が高騰したり…

今回はこのようなことが起きないよう、一人一人が冷静な判断をしていきましょう。

自分だけならいいや、家族や友達の分もたくさん買っておかなきゃ!無くなる前にあるだけ買っておこう!

と、一部の人たちがいつもより多く買い占めてしまった結果、長期によるマスク不足になってしまいました。

自分だけはと思っても、因果は巡って困るのは自分や自分の大切な人かもしれない。

本当に必要としている人に行き渡るよう、必要な人が必要な分だけ、を意識して購入しましょうね。

今はマスク、手洗い、アルコール消毒、水うがいを徹底しよう

効果が期待できるかもしれないと話題のポビドンヨードですが、現在発表されているのは”陽性率が減少した”ということだけです。

重症化抑制、感染予防、症状改善などについてはまだなにも解明されていません。

新たな情報に期待を持ちたいところですが、真偽さまざまな情報が飛び交う昨今です。慎重にいくべきだと思います。

これまで同様、マスクと手洗いとアルコール消毒に加えて、三密を避ける。を徹底していきましょう。

もう一度確かめたい正しい手洗いの方法

ささいな疑問!ハンドクリームを使うのってアルコール消毒の前?後?

コメント